一生住む家だから。ずっと、形が残るものだから。
私たちは、伝統工法に裏打ちされた技術をもとに、 心を込めて家を創り続けていこうと
考えています。
 

いわき市小名浜住吉の竹原様邸のお部屋に、書院建具を取り付けました。

書院建具は、細かい細工がしてあり、日本の伝統文化を感じます。その書院の下のカウンターには、欅の木材を使用しました。

木目と色がきれいです。その下には、小さな建具を付けて物入れに使っております。
書院の窓から差し込む光が、きれいな陰影になって心が落ち着きます。